ガイド日誌  北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、旅、北国の生活、冬は山岳ガイドの現場のお話をお伝えします。 公式Webは、www.yamagoya.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気がつけば日が暮れてしまい。


ピカピカの魔物に取り憑かれると、我を忘れます。

ぴかぴか、ぴかぴか・・・。

いったん始めてしまうと話しかけられるのも億劫になるので、
これじゃあ客商売になりません。

はっと気がつけば、日が暮れて手元が見えなくなっていました。

RIMG0552sss.jpg
僕の、長距離旅専用の自転車。
まだまだやることがいっぱいあるのですが、これ以上に手をつけてしまっては仕事にならないので、
あとはプロに任せようと思います。

あ、自分も一応プロなんですが、
自分の自転車を整備してたら集中してしまって、
肝心のレンタサイクルのお客さんのことを忘れてしまうのでダメなんです。

あとのことは、信頼するプロショップ
旭川のクランカーさんにお願いすることにしました。

ガイドの山小屋Web


スポンサーサイト
  1. 2014/08/28(木) 19:16:31|
  2. 自転車の旅 海外

帰郷 ニュージーランド

DSC04144.jpg

今の私の生活は、ニュージーランドが原点です。

レンタサイクル屋さん経営のあれこれも、基本的ノウハウも、私生活にも、いろんなルーツがNZにあります。
そこにもココにも、NZが隠れているといっていいと思います。

しかし、もう3年帰っていません。
そろそろ、心のストックがなくなってきました。

いろんなことが日本的・アジア的発想になってきている自分を感じます。
それはあまり良い傾向とは言えませんし、いずれ自滅するでしょう。

近年のレンタサイクル屋さんの仕事には英語が欠かせません。
私の場合は旅で学んだ我流英語なので正確ではないうえ、平素はアジア系旅行者の方たちとの熾烈な駆け引きに使用するばかりです。翻弄されつつだんだんと心が壊れて引きずられるままにアジア的拝金主義に取り込まれそうになっていることを感じます。これは大学でも学んできたビジネス「三方良し」の精神にも反します。

なんのために北海道に移住してきたのか。

ただでさえ怪しくておかしな私の我流オセアニア英語?もまた、より一層おかしくなってきました。金銭駆け引きではない日常会話やジョークがポンポンと出てこないし、耳が悪くなっている。自分でもわかるのです。

英語で笑えない自分がいます。これはいけない。

そろそろあの陽気な空気に揉まれないと!
田舎町のパブで地元のおっさんたちにさんざんイジられながら、べろんべろんに酔いたい気分でいっぱい。

あまり野心的ではない私はNZ的エコな発想と、何も無いところから面白いことを生みだすアイデア、そして日本古来の「三方良し」の精神をもって今の仕事をマイナスから(倒産から)引き上げてきました。

私の幸せはNZがルーツであり、NZに住む友人たちであり、常に支えられていると思っています。

私の心にはいつもウェスタリー(西風)が吹いている。
でも、最近はそれが弱まっている。


DSC04390.jpg

今年は久しぶりに帰ろうと思います。
7週間かけてじっくり自転車を走らせ、西風に身を任せ、南緯45度の暴風に翻弄され、坂道にキュウキュウにされてこようと思うのです。

北海道と似た風景が広がり、北海道と似た雰囲気がある。
いまも色濃く残る、開拓の心意気。


長い旅は自転車で。

この、一歩一歩が大事。
流れ落ちる汗、吹いている風、容赦ない日差し。
全身で大地を受け止め、風を感じ、前に向かって歩む。
苔のにおい、家畜のにおい、磯のかおり、アザラシのふん。よちよち歩きで道路に出てきたペンギンと鉢合わせ、牛に追いかけられ、農夫のおっさんに「いい天気だね!」と声をかけられる。

化石燃料はいらない、私の足。私の一歩。
この一歩一歩が、とてもいとおしく思います。


ガイドの山小屋Web


  1. 2014/07/27(日) 22:47:27|
  2. 自転車の旅 海外

旅の自転車を組み立てます。

DSC06554s.jpg
きょうはチャリ旅用の自転車を組み立てました。
12月に帰ってきてからチャリ旅用の自転車はずっと分解梱包されたまま、ガレージの片隅で眠っていました。(写真:サザンアルプスを越える私 Southland NZ)

RIMG0466s.jpg
輪行(りんこう)袋から取り出しました。いまだ生々しい旅の埃!
昨年は日本列島縦断でした。鹿児島空港に到着後、桜島の火山灰なども一緒に梱包してしまいました。

RIMG0472s.jpg
10分くらいで組み上がります。ハンドルが特徴的な形をしてます。
後ろに見えるオートバイが若干ひがんでいる様子。

RIMG0475s.jpg
フロントキャリア(荷台)です。国産ですが非常に弱くて溶接修理しまくり。原型をとどめていません。頑丈なドイツ製に交換したいと思っています。

RIMG0474s.jpg
後部です。TOPEAKのキャリアは丈夫です。チタンの曲げ板でシートポストと繋いでいます。サドルは英国の馬具職人のハンドメイドで馬の革です。やっぱりこれが一番です。そして工具入れはこうでもしないと、海外の場合はあっという間に持っていかれてしまいます。

RIMG0477s.jpg
これでもか!っていうくらい水を積むので、こうなっています。
水は、いざというとき命をつなぐので、いちばん大事にしています。

RIMG0468s.jpg
こちらは国内チャリ旅用の車輪。

RIMG0467s.jpg
こちらは海外チャリ旅用の車輪。特に辺境の旅ではどうしても荷物が重たくなるので太くて丈夫なものを使っています。
フロントブレーキはディスクブレーキです。雨、雪、砂塵、どんなときにもしっかり効くしトラブルも少ないので一度使ったら従来品には戻れません。

RIMG0469s.jpg
こんな姿です。

1s
そして、こうなるんです。(写真:オーストラリア大陸横断 ナラボー平原を通過中 SA-WA AUS)
4つのバッグの上部には各2リットルの飲用水の袋がのせてあり、さらに後部荷台にはポリタンクが載っています。このときはだいたい18リットルくらいの水を積んでいました。多いときは25リットル積みます。すごく重いです。

この自転車はレンタサイクルのガレージの片隅に置いてあるので、
どうぞご自由にご覧くださいませ。

僕の旅は、やっぱり自転車。

いつもは旅人を迎える側の僕が、ひとりぼっち、現役の旅人になる貴重な時間です。
これがあるから、私はみなさんと同じ気持ちでいられる。

オートバイも好きですが、オートバイの旅は老後でいいかな。
体が自由に動くうちは、長い旅はいつまでも自転車でいきたいと思ってます。

化石燃料をつかわない、自分の足で刻む旅の道のり。
空の青さも、風の気持ちよさも、オートバイとはまったく違って見えるから不思議です。




  1. 2014/06/28(土) 15:00:46|
  2. 自転車の旅 海外

思い出したこと。

友人のブログを読んでいて、ふと、そっくり似たようなことが子供の頃にあったことを思い出した。

まだ小学生にもなってなかった頃の俺。
友人の家で勝手に冷蔵庫あけて何かを飲んだら、その友人の妹か弟に泣かれてしまった。

おお、すまぬすまぬ。
あんちゃんが悪かった。

今も昔も、年下の子に泣かれるのが苦手な俺なのだ。


月日は流れて、

アリス・スプリングス。

オーストラリア・ノーザンテリトリー準州に属し、大陸のほぼ中央にある砂漠のなかにあるオアシスの街。
いやはや、暑いのなんの。

いやはやなのだ。

チャリで大陸縦断の旅をしていた俺。
タナミ砂漠というクラクラの灼熱地獄のど真ん中での大きなトラブルを無事に克服した直後、
この街で休養していた。

真っ黒に日焼けして、体重は15k減り、ノリノリだった俺。
アリス滞在の間は毎日新鮮な肉をたらふく食い、ビールを飲み、たっぷりの水でシャワーを浴びて
体調はみるみる回復していったのだ。

しかし、なのだ。
そんな俺に冷えたビール・・・いや、冷や水を浴びせるような出来事が!

ある日、泊まっていた安宿の共同冷蔵庫から俺のビールが忽然と消えてしまったのだ。

えええええーーー!!
俺のフォーエックスが!
まだ3本もあったのに!
xxxx_gold_fro_lr.jpg

名前も書いていたのに!(そういうルールなのだ。名前を書いていないと勝手に食われても飲まれても文句はいえないのだ。)

「1本くらい残しとけよ!」

そのとき思い出したのが、上記の事件。
子供のころの悪行の罰が当たったな~と、思ったのでした。

いやはや・・・。

あんちゃんが悪かったぜよ。

ちゃんちゃん。

xxxx-brewery-tour.jpg
この黄色ベスト、ザ・オージーってカンジだろ?

ガイドの山小屋Web

  1. 2013/06/22(土) 22:58:39|
  2. 自転車の旅 海外

プロフィール

ガイドの山小屋

Author:ガイドの山小屋
●レンタサイクル
電動アシスト自転車
美瑛の丘めぐり
●冬山山岳ガイド
十勝連峰バックカントリー
テレマークスキー
山スキー・山ボード
●旅・暮らし・自転車の旅・オートバイ
http://www.yamagoya.jp

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道 (1)
美瑛・富良野 (7)
サイクリング (15)
電動アシスト自転車 (11)
北海道の山々・十勝連峰 (5)
テレマークスキー・ボード (1)
バックカントリーと粉雪 (48)
山の装備 (0)
便利な道具 (5)
北海道の暮らし (29)
北海道の旅人たち (0)
北海道の自然 (10)
自転車の旅 海外 (4)
自転車の旅 国内 (32)
おいしい!うれしい! (13)
気になるお店 (1)
趣味 (3)
生活 (2)
友・仲間 (2)
家族 (1)
お知らせ (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。