ガイド日誌  北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、旅、北国の生活、冬は山岳ガイドの現場のお話をお伝えします。 公式Webは、www.yamagoya.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

馬そり



ガイドの山小屋の看板の下に、馬ソリが置いてあったことをお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

昔の軽トラック、ってとこでしょうか。
このあたりでも、昭和40年代くらいまでは使われていたといいます。

ガイドの山小屋の新オフィス開業(現在の店舗)のとき、使われなくなった馬ソリをもらいうけて、記念に飾っていました。
かつて確かに生活の足として活躍した、化石燃料を使わない乗り物。
これぞエコなのです。

創業時、理想に燃えていたガイドの山小屋。
僕たちの遊びも、こうありたいと思っていました。

こうして記念碑的な馬ソリは店舗オープン以来の15年間、この地の厳しい風雪にさらされてグッと耐えていました。
しかし5、6年前には大型バスの後輪に引っかけられて壊れてしまい、風化も相まってついには原型をとどめなくなってしまいました。

近年はただの粗大ゴミのような外見になってしまったので、
きょう、ついに撤去に踏み切ったのです。

裏庭に運ぶだけで馬ソリはボロボロに崩れてしまい、部品が散乱してしまい。
それはそれは、思った以上にもうボロボロでした。

しかしまあ何ですね。

いざ燃やそうと思ったら、なんだか躊躇してしまうのであります。

そうこうしているうちに、やがて、冷たい雨が降り始め。

仕方がないな~。もう少し、そっとしておいてやろう。


ガイドの山小屋Web

スポンサーサイト
  1. 2013/04/30(火) 19:25:43|
  2. 北海道の暮らし

山菜の季節



「そろそろ、いいんじゃない?」

そういう季節なんです、例年ならば。
しかし、今年は春が遅いのです。

どれくらい遅いかというと、この写真くらい。


って、

わかんねーよ!


北海道の山菜の王者、ギョウジャニンニク様。
道内でも地域によって、プクサ、キトビロ、アイヌネギなどの呼び名があります。
あ、ギョウザニンニクと呼ぶひともいるかもしれません(しつこい?)

写真のギョウジャニンニクは自然のもの、場所は美瑛町内の山野、本日の写真です。
まだ芽が出たばかりで、食べるにはちょっと早いかも、といったところです。

例年ならば、そろそろいいんじゃね?という時期なんですが、
道北地方はまだ雪が消えたばかりで、もう少々お待ち下さいといったところ。

う~ん。

待ち遠しいのは、
山菜の季節!

ガイドの山小屋Web


  1. 2013/04/29(月) 15:02:13|
  2. 北海道の自然

きょうの三段山

RIMG0547r.jpg

きょうからGW恒例、焼き肉スキーツアーが始まりました。

え?ふざけているのかって?
いえいえ、これがワタクシの本業、生業なのです。

さてさて、ツアーは始まったものの、本日の山はまさかの吹雪。
視界悪く風雪強し。

積雪、めっちゃ多い。

それにしても、季節外れのまさかの新雪。ゴールデンウィークですよ!
それもとびきり新鮮な、シャキシャキの新雪ですよ!

さらに、空からざくざく降ってきます。
しんしん、ではなく、ざくざく、バチバチバチバチというふうに降ってきます。

雪、止みません!ずんずん積もります。
高さ250cmの石碑(十勝岳爆発記念碑)は先月からすっかり埋没したままで、どこにあるのかわかりません。


吹雪のなか、びゅーっと滑って下山。
さすがに「雪上焼き肉大会」は断念しまして、白銀荘で「うどん鍋パーティ」となりました。

白銀荘の施設長さんもおっしゃっていました。
「今シーズンの十勝連峰は5月いっぱい滑れるんでないかい。」

ボクもそう思いますよ!



ガイドの山小屋Web

  1. 2013/04/28(日) 19:19:17|
  2. バックカントリーと粉雪

本日、夏営業オープン!

DSC06938r.jpg


朝8時オープン!

空もようは、どんより。

お客さんは、だ~れも来ません。
野良キツネ1匹近づかないGW初日なのであります。

午後には冷たい雨が降り始め、ついに力尽きて閉店しました。

はぁ~。

仕方がないのできょうの仕事は案内看板の原版づくり。
このように文字を切り抜いて原版を作ります。

この原版を元に、看板下地にペンキで文字を吹きつけます。

原始的でしょ?

こういう地味な作業、割と好き♪


ガイドの山小屋Web

  1. 2013/04/27(土) 21:33:42|
  2. 北海道の暮らし

うどんと、昭和の日

130331_122532.jpg

うどんが大好きです。

好きな食べ物ベスト3のうち、1位をうどんにするべきか、おにぎりにするべきか、いつも悩んでおります。

もし、死ぬ前に何が食べたいかというと、う~ん、どっちにするかな~というくらい、好きです。

悩みすぎてどちらにも決められず、結局長生きをしてしまうのです。
ダメやん!

そんなワタクシは、うどん県出身。(旧名:香川県 旧国名:讃岐)
18歳まで、うどん県で育ちました。

実家が引っ越してしまい、今ではふるさとに我が家がありませんが、世のため讃岐うどんのため、年1、2回は必ず帰省します。

そんなワタクシには、行きつけの店があります。
2軒、あります。


ひとつめは、「さぬき麺業 松並店」
ベタな名前ですね。しかも本店ではなく松並店。なぜかというと、この松並店が創業の店なのです。支店のごとく装っていますが、チッチッチ。こちらが真の本店です。このこと地元でも知る人は多くありません。店舗も今風で特に特徴は見られません。ところで、お店の道路を挟んだ真向かいに古ぼけたエントツが見えます。製麺所です。昔はこの町工場のような製麺所がお店も兼ねていました。

他店との差は歴然。うどんの味が違います。


ふたつめは、「川福 本店」
本店です。支店ではいけません。うどんの色つやコシが全然違うのです。本店は高松市の中心部、昔ながらの薄暗い商店街にあります。はっきり言ってセンスのないお店です。田舎のスナックのような気配すら漂う店内ですが、うまい天麩羅と、それからちょっと他では真似のできない「ざるうどん」を出します。
神レベル、神うどん。上の写真は先月末に帰省したときの「川福」のざるうどんです。

どちらの店も、「ざるうどん」が絶品です。

この他には、ほとんど行きません。年に1、2度の貴重な本場のうどんです。冒険して失敗するわけにはいかない。失敗したくないのだ!はぁはぁはぁ・・・。(汗)

ガイドブックなどでは、よく、郊外にポツンとある、お婆さんが一人で切り盛りをしているお店、のような好シチュエーションのうどん屋さんが紹介されていますが、ボクの経験上そういうお店は、讃岐レベルの「平均」、場合によっては「外れ」だったりします。それから、近年の「うどんブーム」で大量発生した新規店には行きません。
そういう「ブームに乗って一発当てたろう屋さん」かもしれないうどん屋さんよりは、昔からの地元常連客に支えられたお店のほうがウマイに決まっているから。

皆様もしも、四国八十八ケ所参りなどに行かれる機会がございましたら、サイコロを振る合間などにもし当ブログを思い出していただけたなら、ぜひぜひこの2店を検討してみてください。後悔させませんから。

ボクには好きな食べ物ふたつ。
①おにぎり②うどん

おにぎりの米は北海道米、うどんは讃岐うどんが一番、だと思うのです。

はあ・・・。(遠い目)

明治大正昭和。北海道に移住してきた先人たちもきっと、ふるさとの味を思い出しては身を焦がしたことでしょう。
その気持ち、ちょっとだけ、わかる気がします。

もうすぐ昭和の日。


  1. 2013/04/26(金) 22:49:06|
  2. おいしい!うれしい!

ギョウザ?

ギョウザ?

ホーマックで見つけた、ギョウジャニンニクの苗です。

昔、山にこもる修験道の行者が食し、厳しい荒行を助けたことからつけられた名前です。
西日本から北の日本列島の山岳地域に分布します。北海道でも自然の豊かな山野に群生しているのが見られます。昔からアイヌの人たちにとって貴重な食材のひとつとされ、愛されてきました。

今でも北海道を代表する山菜の王様ですね!
主な食べ方は、ジンギスカンにしたり、ギョウザの種にしたりします。

うまいです!

それにしても、この値札・・・。

気持ちが、スゴーく伝わりますよね。

  1. 2013/04/24(水) 16:48:20|
  2. おいしい!うれしい!

ボッコって、何だべ?

あたたかく天気の良い1日でした。
早朝から日差しが降り注ぎ、こんな日は野良仕事がはかどります。

雪が消えると、地面にはいろいろなものが姿を現します。
今の季節は草が生えていませんから、異物はなおさら目立つのです。

雪どけ一番、やたらと目立つのは、木の枝。

よくぞまあ、これだけ落ちてきたな!っていうくらい、大小の木の枝が落ちているのです。
箸くらいのサイズから野球バットのサイズまでいろいろ、いろいろ。
冬の間に折れて落ちてきたり、吹雪などで吹っ飛ばされてきたり。

ちなみに、北海道では棒のことを「ボッコ」と呼びます。
ボコボコと違いまっせ。

さて、なんでも家庭訪問週間だとかで、子供たちが昼過ぎにさっさと帰ってきました。
ああ~ガキどもめんどくせ~。

でも、めんどくさいガキも使いよう。

「おいおまえら、ボッコ拾いするぞ!」

号令一発、我が家総出で木の枝拾い。
働き者の末娘はいちばんに飛び出してきて、いちはやく一輪車を押して走り回り、
怠け者の次女はしぶしぶ出てきたものの、ダンゴムシを拾ったり、ミミズを突いたり、
まあそれぞれがそれぞれのペースで仕事をするのです。

なんだかんだで、一輪車何台分もの大小のボッコが集まりました。

腐ったボッコ(倒木)を起こしたら、朽ちて土に埋もれた部分からクワガタやカブトムシの幼虫がゴロゴロ・・・。
ガキども大喜び。
なぜか奥さんまで大喜び。
え?幼虫とか好きなの?
知らなかった~。

でも、かわいそうなので、倒木は元に戻してやりました。
幼虫たちよ、夏にまた会おうぜ!

夏の営業を開始する今週末にむけて少しずつ準備が進むのであります。


ああそうそう、いま美馬牛では福寿草があちこちの野で咲き乱れています。
あれなんだべ?あのちょこっと黄色いやつ?みたいなとき、それは大抵フクジュソウ。
雪どけ一番最初に咲く花。

花が咲いてるのは福寿草だけなので、見つけるのはとても簡単。

なにしろ美馬牛(びばうし)は、春が来たばかりなのです。
  1. 2013/04/23(火) 18:51:26|
  2. 北海道の暮らし

もうすぐオープン!その前に・・・。

今週末から夏営業を開始するガイドの山小屋ですが、
その前にやらなきゃいけないことは目白押しなのです。


きょうやったこと。抜粋

① 外トイレ開通!
昨年は外国人団体さんに2度も破壊された(泣)外トイレです。
冬季は水を抜いて凍結防止していましたが、きょう通水・開通しました!

② 水ぬき
ウチの敷地はもともと湿地だったので、いまの時期は雪どけ水で大変なことになります。裏庭の真ん中あたりに穴を掘ってポンプを設置、半日かけて水を抜きました。おかげで庭が姿を現しました!

③ 救出
きのうオフロードバイクで走り回り、調子にのって残雪に突っ込んでそのまま雪山に突き刺さって動けなくなったオートバイ。きょう発掘しました。アホでした。

④ ペンキぬり
ベンチやテーブルにペンキを塗りました。正確にはクレオソート剤という枕木などに用いる石油系防腐剤です。ハケ塗りしてたらピシャッと飛び散って目に入って、さあ大変!クレオソート剤、地味ぃ~に、ジワジワ目に沁みます。防腐どころか右目が腐ってしまいそう~。

⑤ 発電機の整備
緊急用の発電機の点検整備。田舎暮らしには欠かせません。

お隣のペンション「とぅもろう」さんは1日中チェンソーで木を刻んでいました。たぶん薪作りをしていらっしゃったのだと思います。今からもう冬の準備なのです。


田舎暮らしは楽しそうに見えると思いますが、けっこう大変なんですよ~。

  1. 2013/04/22(月) 21:00:37|
  2. 北海道の暮らし

自転車とオートバイと

早いもので、4月も下旬に入ります。

道路にはもう雪はありません。
夜間早朝を除けば凍結や降雪の心配はないと思います。

しかし美馬牛の道路の端には冬の名残の雪の山があちこちに見られます。
はたして連休までに雪は消えるのでしょうか?

どうなんでしょう?
微妙ですね。

我が家の子供たちは大喜びで自転車を乗り回しています。
冬の間は全然自転車に乗れなかったですから、その反動のようです。

ボクは、オートバイをいじりまわしています。

冬の間は車庫で眠りこけていた2台のオートバイの試運転を行いました。
ちゃんと動くようになりました。

調子にのって残雪に突っ込んだオフロードバイクは、雪山に突き刺さって、そのまま動けなくなりました・・・。あああ・・・。
そのうち雪が解けたら引っ張り出すことにしよう。


さて、ブログをリニューアル。FC2ブログに引っ越しました。

ブログといえば、最近、どのブログも面白くなくなったような気がしませんか?

いろいろあって、ブログを書く人は、慎重になりました。
誰かの気に障らないよう、言葉を選び、よく考えて、文章に気を遣います。
本音は、書きません。
てゆうか、書けないよ。

結果、差し障りのない「いい人」になってしまう。

何年か前まではボクも比較的本音でモノを書いていたのですが、
いつの間にか、やはり、気を遣うようになり、「いい人路線」になってしまいました。

う~ん、つまらない。

自分でも思いますよ、
つまんねーなっ!って。

なんだよ、いい人ぶっちゃってさー、みたいなかんじ。

言葉を選ぶようになってからは、書く回数も減りました。
熱意が失せたような気がすることもあります。

でも、言葉を選んでいては、面白い文章は書けません!
何かを恐れて、「いい人」になっては、いけないんです!

アクが強いくらいで、いいんです!

と、ある意味、自分を鼓舞したりしてます。


というわけで、なるべく、本音を書こうと思います。

春の美馬牛です。
もうすぐ旅人の季節が訪れます。たくさんの人々がやってきます。

旅人の目線と、ここに暮らす住民の目線と、両方から、
北の季節を見つめていきたいと思います。


ガイドの山小屋



  1. 2013/04/21(日) 18:24:36|
  2. 趣味

プロフィール

ガイドの山小屋

Author:ガイドの山小屋
●レンタサイクル
電動アシスト自転車
美瑛の丘めぐり
●冬山山岳ガイド
十勝連峰バックカントリー
テレマークスキー
山スキー・山ボード
●旅・暮らし・自転車の旅・オートバイ
http://www.yamagoya.jp

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道 (1)
美瑛・富良野 (7)
サイクリング (15)
電動アシスト自転車 (11)
北海道の山々・十勝連峰 (5)
テレマークスキー・ボード (1)
バックカントリーと粉雪 (48)
山の装備 (0)
便利な道具 (5)
北海道の暮らし (29)
北海道の旅人たち (0)
北海道の自然 (10)
自転車の旅 海外 (4)
自転車の旅 国内 (32)
おいしい!うれしい! (13)
気になるお店 (1)
趣味 (3)
生活 (2)
友・仲間 (2)
家族 (1)
お知らせ (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。