ガイド日誌  北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、旅、北国の生活、冬は山岳ガイドの現場のお話をお伝えします。 公式Webは、www.yamagoya.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

作ってみた。



2005年の古傷が悪くなりビッコをひくようになったので、
きょうは松葉杖を作ってみました。

材料は、壊れた雪かきスコップの、取っておいた柄の部分!

雪かきスコップだけに、
わりと丈夫な材を使ってるんですよ、コレが。

切断した部分をグリップにしました。
太っといステンレスのボルトを通したら、体重かけてもビクともしません。

脇の部分は水道管に使う塩ビパイプを使用。
グッと体重が乗る部分なので、多少ソフト加減があるほうがいいと思ったので。
松葉杖のように、包帯のかわりに古いタオルケットを巻きました。


pandora_008696r.jpg

コレを注文したんです。
届くまでの間の代用品として上の杖を作ったんです。

似てる?

似てないか。

構想10分、作業30分であっという間に完成。
あくまでも間に合わせのつもりだったんですが、
実際の使用感、思った以上にいいかんじ。

これでいいかも。

夏の間はレンタサイクル屋さんやりながら
リハビリがんばる。
冬までに復活しますよ!


ガイドの山小屋Web

スポンサーサイト
  1. 2013/05/31(金) 23:23:27|
  2. 生活

涙がとまらない。



クシャミ、鼻水もとまりません。

RIMG0663r.jpg

ほら、このとおり。
これ、花粉なんです。

シラカバの花、満開。(一番目の写真)
でもって、そこらへんじゅうシラカバだらけですから。


RIMG0659r.jpg

どこから種がとんできたのかな?
我が家の敷地の片隅にもエンレイソウが咲いていました。


花粉症のみなさーん?
いま北海道は、すごーく、いい季節だけど、
念のため、マスクをご用意のこと!

わたくし、北海道移住のとき、
「これで花粉症とオサラバできるっ!」て信じていました。

でも、でも・・・。

ヘッ、クション!

ま、マジかよ・・・。

あなたの花粉症も、スギ花粉だけとは限りませんっ!
(経験者談)


ガイドの山小屋Web


  1. 2013/05/26(日) 19:04:38|
  2. 北海道の自然

野の花と、つくし食べ放題!

RIMG0649r.jpg

現在の美瑛町美馬牛は、天然のお花畑。
あちこちの野原や空き地にご覧のような自然の草花たちが一斉に花を咲かせています。


RIMG0651r.jpg

今週はエンゴサクやスイセンが満開。
来週にはエゾヤマザクラやエンレイソウが見られると思います。

RIMG0654r.jpg



RIMG0636r.jpg

本州では食用にされる土筆(ツクシ)。北海道ではツクシを食べません。むしろ厄介な雑草とされています。
雑草だべさ、と言われるくらい、ご覧のように、無尽蔵。
ほら!そこのアナタ!興奮してますね!

ハァハァハァ。

調べてみたらツクシを食用にする地方は大まかに
九州、四国、中国地方から近畿を経て、東海、関東南部くらいまでのようです。

畿内を中心とした食文化圏、といえるかもしれません。
京都の料亭などではこの時期、春の一品、としてお膳を飾ります。
季節のものとして人々に重宝され喜ばれます。

ただまあ、これらの地方でも食べないひともいますし、北日本でも食べるひともいます。
だいたいおおまかに、ということで。


RIMG0641rr.jpg

まず、「はかま」を取り除きます。
根気のいる作業です。我が家の女性たち大活躍。


RIMG0647rr.jpg

「はかま」を取り除くと、こうなります。
さくさく洗います。水が少し緑色になりますが、アタマ部分から出てきた胞子です。
これも食用ですから、あまり神経質になる必要はありません。


RIMG0655rr.jpg

たっぷりの沸騰した湯でサッと茹でます。
重曹を加えるとなおよろしい。ふっくらします。
茹ですぎると、とろーんとしてしまいます。サッで良いのです。
冷水にひたして荒熱を取ります。


RIMG0661rr.jpg

ダシで軽く煮て玉子とじ。即席うどんだし(めんみなど)を使うと簡単。
佃煮、きんぴら、おひたし、味噌汁の具。
おいしい!みんな大好き!

ツクシが生え放題の美馬牛の野原は、まさに宝の山!

食ベ放題!




ガイドの山小屋Web

  1. 2013/05/20(月) 09:53:23|
  2. 北海道の暮らし

チーズ大好き!



道産子はチーズ大好き。
削っては食べて、また削って。

チーズは塊りで購入したほうが安くて新鮮なのです。

チーズグレーダーは帰省したときに神戸大丸で購入しました。
大根もおろせます。(笑)

DSC06971r.jpg

美瑛町美馬牛もようやくあたたかくなりました。
そうそう、桜も開花しました。
来週末あたり、満開じゃないでしょうか?

来週末、美瑛富良野にくるひと!

お花見の準備するべし。


ガイドの山小屋Web

  1. 2013/05/19(日) 13:56:50|
  2. 北海道の暮らし

看板作り



ここ4日間ずっと、看板づくりに没頭している俺です。

いま俺、ちょっと荒れてる。
いまの俺、怖いぜ。

「うまくいかねー!」

てなわけで荒れてます。
青いぜ俺!

4日かけて、完成せず。
こう見えても、めちゃ手間かかってんだ。
わかるかい?そこの兄さん。

一文字一文字切りぬいて、ペンキでシューってやるんだけど、失敗するとベチャッとなるわけですよ。
ベチャッとなっては塗りつぶしてやり直し、またやり直し。
そういうこと繰り返してきました。

・・・。

毎日営業してるんだけど、ずーっとお客さんゼロとか、1人とか。
あ、きょうは2人だった。

金はないけど、時間はある。

看板屋さんに発注できない。
んじゃ、自分で作ろうということになったんだけど、
大工仕事と違ってなかなか難しいわけです。

材料はあるんですよ。いろいろと。

古いトタン看板、裏はマグネット貼。
15年前のモノだな。
それからペンキいろいろ。
その他いろいろ。
なんだかんだ使えそうな材料とかテキトーな知恵などをかき集めて作ってます。

きょう料金を書きこんだところ、
赤いペンキがジュワ~っと滲んだり、
ドロ~ッと垂れたり。

ほぼ、血のり・・・。

不気味な金額表示になっちゃった。

おい!
オカルトかよ!

お客さん逃げちゃうだろ!

縁起悪いから塗りつぶしてやり直しッスよ!

何やってもうまくいかねーな。

てなわけで俺。
今、やさぐれてますから。

完成まであと何日かかるんだろ?

ま、いいか。

お客さん全然来ないからね。
時間はたっぷりある。

DSC06967r.jpg

英語、間違ってたら教えてください。
たぶん通じると思うんだけど。



ガイドの山小屋Web

  1. 2013/05/14(火) 20:57:35|
  2. 北海道の暮らし

レジスター



自営業の強い味方、レジスターです!
左が創業時のレジスター。右が新しいレジスター。

4月、さて夏営業の準備をしようと設置して電源いれたら、なんとレジが壊れてました。
縁起が悪いぜ!2013年夏!

なんでもとりあえず直そうとするボクですが、修理をしようと中を開いてびっくり。

「じぇじぇじぇ!」

わりと精密機械なんだーレジって。
数十個のトランジスタ、いくつものCPU。

おら、モーターの通電確認しかできねぇ。
おら、しょせんは電動ドリルとトンカチの、いわゆるDIYレベルなんだべ。

心静かに元どおり蓋を閉じました。
つまり直せませんでした。

無念じゃ。

こうして、インターネットでポチッ。
GW中にめでたく新品のレジが届きまして、きょう設定を終えました。
明日から新しいレジでの営業が始まります。

思えば、創業時の名残を残す最後の備品だったと思います。
店内も外観もすっかり変わりましたし、営業内容も顧客層も別の店みたいになりました。

きょう久々に新しい備品が入って、なんだかピュアな気分。
たかがレジスター、されどレジスター。

商売繁盛祈願なのです。パンパン!

ガイドの山小屋Web

  1. 2013/05/09(木) 19:12:11|
  2. 便利な道具

きょうの十勝岳連峰 美馬牛からの眺望



きょうの夕方、美馬牛小学校の裏からの眺望です。
電動クロスバイクで軽く走ってきました。

左から、オプタテシケ、石垣山、頂上付近のシルエットが富士山に似る美瑛富士、シャキッとそびえる美瑛岳、小さく尖っているのが十勝岳主峰、低い雲のあたりが三段山とカミホロカメットク、稜線状に見えるのが三峰山、最後に右端が富良野岳。

DSC06957rr.jpg

同じ場所から見た、こちらは旭岳周辺(中央やや左)の眺望。旭岳から右方向へと大雪山系の雄大な稜線が広がり、そして右端の樹木の脇にチラと見えているのがトムラウシ。

冬枯れの丘の風景のなかにもチラホラと青いものが見えるようになってきました。

道路に雪はなく、夏タイヤでも問題ない季節になりました。
夜間早朝の最低気温0℃、日中の最高気温15℃、これくらいを念頭においておくといいでしょう。

早くも7月連休あたりの予約が入り始めました。
その頃はラベンダーの季節ですね!


ガイドの山小屋Web

  1. 2013/05/08(水) 17:57:13|
  2. 北海道の山々・十勝連峰

きょうの前十勝



前十勝の斜面はでっかい!

友人WATとふたりで前十勝にいってきました。

登っていくうちに曇りがちの空は晴れてきました。

雪質は、モナカ。登りながらストックが引っかかってイラッとくる。
標高があがるにつれて薄氷に覆われたようなフィルム・クラストが目立つようになります。

でも、いい天気!

RIMG0625r.jpg

WAT発進。

やがて鋭い日差しが降り注ぎ、
雪の表面が緩みがちになり、腐り雪になってしまいました。
うへぇ~、深い腐り雪。
グサグサ。

まあいいや。モナカよりは、ずっといい。

足をとられないよう慎重に滑ります。

まさかのワンステップターンとか(苦)

WATさすが。絶妙のバランスで確実に滑ります。派手なことはしません。
オトナだな~。

ボクはもう、腿パンパンっす!

RIMG0634r.jpg

でもなんだか、大満足。

俺たちやっぱり、雪山が好き。


ガイドの山小屋Web


  1. 2013/05/07(火) 23:55:50|
  2. バックカントリーと粉雪

雪のち雨、山は濃霧、きょうのバックカントリーツアー?



本日のバックカントリースキーツアー(BC焼き肉スキーツアー)参加者メンバー全員集合なう。
しかし出発する気はなく、DVDみながらお茶してます。この天気じゃあ、ねえ・・・。

DSC06948r2.jpg

「イエ~イ」
結局、こうなりました。

超定番、北海道名物、自宅ガレージでジンギスカン・パーティ!
これぞ北海道の誇る食文化!

DSC06950r3.jpg

七輪で焼くホッケやサンマは、ありえないくらい美味しいのです。
そして、美しい・・・。

自宅ガレージ・LOVE♪
北海道・LOVE♪

RIMG0614r4.jpg

ジンギスカンの〆はやっぱり「うどん」
しかもきょうは、Wうどんなのです!

RIMG0613r5.jpg

「おおおおおお!」
美しい照りだと思いませんか?

自宅ガレージ内の興奮は最高潮!
もう誰にも止められません!


飲んで、食べて、喋って、笑って、へろへろになったら温泉へGo。
シーズンの締めくくりにふさわしい、とても楽しいパーティの1日でした。


ガイドの山小屋Web

  1. 2013/05/06(月) 22:09:15|
  2. おいしい!うれしい!

きょうの三段山 早く!もつ鍋食べたいスキーツアー



雪山を歩いていたら不思議なもの発見。
「なんだろう?」

中に4人ほど入れる頑丈で立派なイグルーでした。
誰が作ったのかはわかりませんが、上々の出来です。

RIMG0580r.jpg

「よくがんばったなあ!」
登頂したボーダー妻をねぎらう旦那。・・・たぶん。

RIMG0583r.jpg

崖尾根は最近17年で最高の積雪量に到達しました。
ともかく雪が多いし壁が高い。

RIMG0606r.jpg

ウヒョ~なのです。
ウヒョ~!

スキーシーズンは当分の間、終わりそうもありません。


ガイドの山小屋Web

  1. 2013/05/05(日) 22:39:44|
  2. バックカントリーと粉雪

きょうの三段山 西尾根で焼き肉スキーツアー



この時期にしては悪くないスプレーあがってます♪
きょうの三段山。

どんより曇り空、雪は降りやまず、昨日から20~30センチほど新雪が積もっていました。
ギュッと絞れば水がしたたりそうな雪。
しかしこれが思ったほどは悪くない。

えっさえっさ登っていくうちに視界が改善して、標高1400mくらいまで見通せるようになりました。

標高1300m地点に焼き肉ベースを設けます。

じゅうじゅうじゅう
じゅうじゅうじゅう

ジンギスカン、うめ~!

RIMG0555r.jpg

〆の焼きうどんも、ほらこのとおり。

いい照り具合だな~。
うまい、うまいです!

リフトもない、ロープトウもない三段山。
百名山でもない。リゾートのかけらもない。

なぜこんなに人が集まるんでしょう?
よく考えてみたら不思議です。

きっと何かがあるんですよ、ココには。

何があるかな?

スキー、
パウダー、
いい仲間、
うまい焼き肉。

温泉。

ああ幸せ。

ほんと、いい山です。

ガイドの山小屋Web

  1. 2013/05/04(土) 22:01:19|
  2. バックカントリーと粉雪

きょうの三段山 鴨鍋うどんスキーツアー



マジですよ。三段山は真冬ですよ。

しんしんと新雪が降り積もっております。
積雪はさらに増えておりました。
いったいどこまで増えることやら。

2段目を越えたところで、ほぼ視界を失いました。
真っ白で何も見えません。上も下も右も左もわかんないです。
ガイドとはいえ、わからんものは、わからん。

見えないものは、見えない。

野生の勘、発動。

体に染みついた距離感と斜面の傾斜を感じながら移動します。
雪面の変化が著しく、やわらかいと思ったら10m先では凍っていてスキーのエッジも歯が立たない、ストックも刺さりにくいといった恐怖な斜面が現れたりします。
それらを避けながらじわじわと西尾根に近づき、若干ズレを生じたものの、ちゃんと西尾根に到達。

トラバース中に落っこちなくって、よかった~。

てゆうか、何も見えないものだから、いつの間にトラバースしたのかもよくわからんかった。

雪は、難癖があります。

新雪とはいえ、パウダスノーではない。
バランスに気をつけながら慎重に滑りました。

130503_130109.jpg

きょうも寒いですからね~。
バックカントリースキーヤーの皆さーん、きょうのまかない昼ごはんは、鴨鍋うどんです。

味醂を煮切って醤油で味をととのえ、ショウガを刻んだものをたくさん添えて鴨肉を炒めるように煮たものを冷蔵し「にこごり」状態にします。こうしてお肉にしっかり下味がつきます。ここまでが下ごしらえ。

今の時期は甘くておいしい白葱。白い部分は大きめにざっくり切って軽く火を通します。
しんなりしたところで先ほどの鴨の「にこごり」を入れてひと煮立ちします。

うどん、青い部分の葱をいれ、だし醤油などで味を整えたら出来上がり。

シンプルだけど、おいしいですよ!

鴨肉独特の野鳥のにおいが気になる方は、最初にお肉を日本酒で煮るといいでしょう。
臭みが取れます。

明日は幾分お天気が回復しそうなので、焼き肉焼けるかな?

ガイドの山小屋Web

  1. 2013/05/03(金) 19:50:54|
  2. バックカントリーと粉雪

美馬牛から青い池へ

夕方4時半頃ふらりとやってきた若い男性のお客さん。

電動自転車で青い池(白金温泉・標高550m)を目指して激走、
さきほど無事に目的を果たして帰還。(真っ暗)
7時39分のJR発車5秒前で辛うじて間に合いました!

この列車を逃すと夜9時まで無人駅にポツリ取り残されてしまうんです。

よくやった!
パチパチパチ! 

ドラマやな~。

ガイドの山小屋Web


  1. 2013/05/02(木) 19:53:58|
  2. 電動アシスト自転車

プロフィール

ガイドの山小屋

Author:ガイドの山小屋
●レンタサイクル
電動アシスト自転車
美瑛の丘めぐり
●冬山山岳ガイド
十勝連峰バックカントリー
テレマークスキー
山スキー・山ボード
●旅・暮らし・自転車の旅・オートバイ
http://www.yamagoya.jp

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道 (1)
美瑛・富良野 (7)
サイクリング (15)
電動アシスト自転車 (11)
北海道の山々・十勝連峰 (5)
テレマークスキー・ボード (1)
バックカントリーと粉雪 (48)
山の装備 (0)
便利な道具 (5)
北海道の暮らし (29)
北海道の旅人たち (0)
北海道の自然 (10)
自転車の旅 海外 (4)
自転車の旅 国内 (32)
おいしい!うれしい! (13)
気になるお店 (1)
趣味 (3)
生活 (2)
友・仲間 (2)
家族 (1)
お知らせ (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。