ガイド日誌  北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、旅、北国の生活、冬は山岳ガイドの現場のお話をお伝えします。 公式Webは、www.yamagoya.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テレビ取材



昨日は女優の菊地麻衣子さんがお見えになりました。

顔ちっちゃ!かわいい!

テレビといえば、やっぱり王道は、黄色系のお召し物。
イエローはピントがビシッと決まります。全体がかわいく明るく見えます。

ウチの奥さんにもカメラさんがビシッ!と寄ってます。
寄りすぎて音声さんの頭の影になってしまい、
ウチの奥さん、この写真では頭のてっぺん(キャップ)と肩しか写ってません;;;

菊地麻衣子さん、電動自転車Bタイプに乗ってサイクリングを楽んでこられました。
「かわいいー!かわいいー!」を、連発(絶叫?)してましたよ。

やっぱりかわいい人には、Bタイプかなー。

RIMG0006r.jpg

「自転車、ちっちゃ!」
一応言っとくけど、オレじゃないです。


ガイドの山小屋Web

スポンサーサイト
  1. 2013/06/29(土) 12:18:45|
  2. サイクリング

新車が入荷しました。



電動自転車が足りないので、10台ほど買いましたよ!

登録手続きを済ませて点検をおえたらレンタル開始。
7月1日から登場する予定です。

電動Aタイプ乗り放題3000円になる予定。

Bタイプほどかわいいわけじゃないですが、いちおうピンクなので生活感は抑えめです(汗)

DSC06886r.jpg

こちらはBタイプ。ちっちゃくてカワイイので女性に人気です。
写真はまだカゴを取り付ける前のものだったんですが、現在は大きな編みカゴつき。

そうそう。Bタイプ用には新しいバッテリーを購入しました。
13アンペア!60km以上走れます。東京から小田原とか熱海くらい??

だ、誰がそんなに本気サイクリングするねん!
そこはツッコミなしで!

ところで。
もうすぐテレビのロケがあるので奥さんは美容院へGo!
いや別にウチが取材されるわけじゃなく、ウチの電動自転車が出演するだけなんだけど、
そこはツッコミなしで!

タレントさんが誰なのかは知りません。
嵐出演のJALのCMの木などがあるジェットコースターの道の近辺に行くらしいです。

え?嵐?じゃないと思う。1台だから。(笑)

ロケにはBタイプか、もしかしたらこの新車が出演するんだと思います。


ガイドの山小屋Web

  1. 2013/06/25(火) 17:21:05|
  2. 電動アシスト自転車

友がきた!バービーだよ北海道!



ここは自転車ガレージの奥にある裏庭。

MEMO0009r.jpg

懐かしい友がきたら、バービー(BBQ・ジンギスカン)でしょう!
北海道だもの!


きょう来店されたお客様のなかにはこの光景に遭遇して(裏庭でやってたんだけど、外からも見える)
目を丸くされた方もいたようです。

北海道では週末の定番行事なんですよ。

北海道、LOVE❤


ガイドの山小屋Web

  1. 2013/06/23(日) 21:41:46|
  2. 友・仲間

思い出したこと。

友人のブログを読んでいて、ふと、そっくり似たようなことが子供の頃にあったことを思い出した。

まだ小学生にもなってなかった頃の俺。
友人の家で勝手に冷蔵庫あけて何かを飲んだら、その友人の妹か弟に泣かれてしまった。

おお、すまぬすまぬ。
あんちゃんが悪かった。

今も昔も、年下の子に泣かれるのが苦手な俺なのだ。


月日は流れて、

アリス・スプリングス。

オーストラリア・ノーザンテリトリー準州に属し、大陸のほぼ中央にある砂漠のなかにあるオアシスの街。
いやはや、暑いのなんの。

いやはやなのだ。

チャリで大陸縦断の旅をしていた俺。
タナミ砂漠というクラクラの灼熱地獄のど真ん中での大きなトラブルを無事に克服した直後、
この街で休養していた。

真っ黒に日焼けして、体重は15k減り、ノリノリだった俺。
アリス滞在の間は毎日新鮮な肉をたらふく食い、ビールを飲み、たっぷりの水でシャワーを浴びて
体調はみるみる回復していったのだ。

しかし、なのだ。
そんな俺に冷えたビール・・・いや、冷や水を浴びせるような出来事が!

ある日、泊まっていた安宿の共同冷蔵庫から俺のビールが忽然と消えてしまったのだ。

えええええーーー!!
俺のフォーエックスが!
まだ3本もあったのに!
xxxx_gold_fro_lr.jpg

名前も書いていたのに!(そういうルールなのだ。名前を書いていないと勝手に食われても飲まれても文句はいえないのだ。)

「1本くらい残しとけよ!」

そのとき思い出したのが、上記の事件。
子供のころの悪行の罰が当たったな~と、思ったのでした。

いやはや・・・。

あんちゃんが悪かったぜよ。

ちゃんちゃん。

xxxx-brewery-tour.jpg
この黄色ベスト、ザ・オージーってカンジだろ?

ガイドの山小屋Web

  1. 2013/06/22(土) 22:58:39|
  2. 自転車の旅 海外

ポプラ 登ってみた。

DSC06993r.jpg

ウチの店の前。
ずっと昔、開拓の時代からここに立っている西洋ポプラ。


北海道の6月は野良仕事!
駐車場脇の伐採、美馬牛駅と周辺の草刈り、町内会の草刈りに続いて、きょうは木登り!
あ、いや、下枝打ちをしました。
店の前の西洋ポプラは2、3年ですぐにボサボサ伸び放題になるので散髪しなきゃいけないのです。

チェンソー、鉈、枝打ちノコギリ、
高所用の超ロング2連梯子やらハーネスやら命綱やらいろいろ総動員して丸一日大騒ぎ。

この歳で木登り。おもろいわ~。高いとこ、ええね。

道路側(向かって右)が妙にスッキリしているのは、道路に張り出した枝は根元からスッポリ伐り払うから。

ええ仕事やろ?

電線に引っかかるから、地味に大変やった。
もし失敗したらお隣が停電するし;;;;(苦)

上のほうに根元を完全に払わず中途半端に残している枝が見えますが、
これは後々、登るための足場にするため。
完全に伐り払ってシュッとしたら、足場がなくて登れなくなる。


ってゆーか、また登るんかいっ!!


このポプラ、お隣との境界線上にあり、正確にはお隣の木です。
風に弱く、よく枝が折れて落下するので伐採する話も出たのですが、
「いい存在感なので残しましょう!」ということになりました。

広くて風通しの良い日陰ができます。
夏には毛虫が、そして秋には大量の落ち葉が降ってきます。

焼き芋焼き放題だぜ!



ガイドの山小屋Web

  1. 2013/06/16(日) 18:35:21|
  2. 北海道の自然

大雪山の水



娘たちが地元の山林で遊ぶイベントでもらって持って帰った水。
北海道大雪山「ゆきのみず」


DSC06988r.jpg

ほほう。いま流行りの、水ビジネスですな。


ところが、
我が娘たちは言うのです。

「ねえお父さん、このお水飲んでいいの?」

え!?


「雪の水なんでしょ?汚くないの?」

そういえば、ふだん雪どけ水を飲むな、と、くれぐれも言ってるし。


「キツネのおしっことか入ってないの?」

そういえば、エキノコックスがいかに恐ろしいか、山の水に気をつけろとか、口うるさく言ってるし。


娘たちよ。
その判断、なかなかよろしい。

てゆうか、考えすぎだろ!(笑)



ガイドの山小屋Web


  1. 2013/06/15(土) 16:47:39|
  2. 北海道の自然

6千人の日曜日、さわやか快晴の美瑛!



きょうは美瑛ヘルシーマラソンが行われました。

「いまから、快晴の美瑛をさわやかに駆けたいと思います!」
ガイドの山小屋ラン女子部のエントリー選手

P1010064r.jpg

あのカリスマ女子ランナーとともに走りました。
さすがはカリスマ。あっという間に周囲に溶け込んでいました。地元の人かと思った。

RIMG0644r.jpg

コレを撮影したのは6月7日、予行練習、本番コースでのひとコマです。
6千人のランナーが初夏の美瑛の丘を爽やかに駈けました。


ガイドの山小屋Web


  1. 2013/06/09(日) 16:14:36|
  2. 美瑛・富良野

きょうの十勝岳連峰。(BCスキーヤーのためのサービス画像付)



きょうの十勝岳連峰です。
まだまだ滑るところいっぱいあるー!


RIMG0648r.jpg

吹上温泉白銀荘前。
テントサイト(緊急ヘリポート)手前までスキー装着可能♪


RIMG0649rr.jpg

千春沢は、おなじみ「タランチュラ」が出現。
いつ行くか!今週末でしょう!


RIMG0657rr.jpg

フリコ沢の水量と、三段山全景。(マニア向け画像)


RIMG0661r.jpg

美瑛ルートからトムラウシ山。三川台からトムラウシ山頂(右端)


RIMG0659rr.jpg

十勝岳望岳台から旭岳へ

きょうは、ややマニア向けの爽やかな画像でお届けしました!

The Day.


夏はレンタサイクル屋のガイドの山小屋は、冬はこうなります!ガイドの山小屋Webサイト(冬)

  1. 2013/06/07(金) 14:02:06|
  2. 北海道の山々・十勝連峰

山仕事の愛用品 土佐刃物の鉈



サラリーマン生活のあと、北海道に移住するまえ四国高知で3年ほど営林署関連の仕事をしていました。
そのとき愛用していたのが、この腰鉈。

銘は、土佐刃物の名門のひとつ、土佐盛行。
美術品ではなく実用品で、主に狩猟や造林業従事者が愛用しています。

この盛行鍛造は、幅54の片刃、刃渡り21 ごく一般的な大きめの営林署鉈ですが、
どことなく刃物の特徴が、長曽我部侍の野武士の刀剣の歴史を引き継いでいるかのように思います。

この林業鉈は刃~柄の部分が水平ではなく日本刀のような角度がとってあるので抜きやすく、振り下ろしたときに無駄なく刃に力が行きわたります。

RIMG0640.jpg

刻印の「青入」とは、青鋼という意味です。とても硬い金属です。日本刀や包丁に使われる白鋼にクロムやタングステンなどを加え剛性を増した合金で、粘りと硬度があり、刃こぼれが少なく欠けにくく錆びに強い。繊細な切れ味よりは質実剛健!というまことにヘビイユーザー向けの刃物なのです。
枝を打ったり削ったり割ったり、背の部分でクギは打つわ川魚はさばくわ、ときには河原石で砥いだりと、いい加減かつ乱暴に使い倒してきましたが、刃こぼれするどころか、味わいが増すばかり。使用しはじめて15年以上たってもこのとおりピッカピカ。

一生ものだと思います。

タイトルに「山仕事」と書きましたが、これは山岳ガイドではなくニッポン古来の造林や狩猟の道具。
山師の魂がこもっている道具のひとつです。

かつて、北海道初期の開拓者の男衆の腰にもきっと、これに似た腰鉈がぶら下がっていただろうと思います。


ガイドの山小屋Web

  1. 2013/06/06(木) 23:29:34|
  2. 便利な道具

冬仕度。薪をつくります。(木の伐り方)



必要なものはコレ。チェンソー、替刃、工具、混合ガソリン、オイル。
チェンソーオイルは高いので、ボクはオートバイの廃オイルをリサイクル使用してます。
それからゴーグル、すべらない丈夫な手袋は必携。
さらにボクは愛用の土佐刃物の大きな鉈。
以前、四国高知で営林署関連の仕事をしていたときに使っていたもので、とても重宝します。

RIMG0664r.jpg

さて、チェンソーは切れ味が命。
刃はよく砥ぎます。それでも切れが鈍いようなら躊躇せず交換します。
切れないチェンソーは危険なので、ココはケチってはいけません。

RIMG0667r.jpg

では、木を伐ってみましょう。
倒したい方向を決めます。木の傾き加減や枝の張り方、傾斜、風向きなどを考慮します。
倒したい方向が決まったら、写真のようにその方向に「くさび形」の切り抜きをつくります。(幹の1/2~1/3程度)

RIMG0668r.jpg

続いて反対方向から、くさび形の切れ目のやや上方を目指して水平に切ります。
ある程度切ったら少し残して止めます。切りすぎるとミシミシミシと倒れ始めることがあるので慎重に。
切り残す部分は全体の1/4~1/5くらい。その樹木の固さにもよります。

RIMG0669r.jpg

さっき切った「くさび形」

RIMG0670r.jpg

写真のように「くさび」を切り込みに差し込んで、くさびを大きな槌(掛矢など)で叩きます。
これで木が倒れますが、なかなか倒れない場合は、慎重に、少しずつ、切り幅を広げます。

再び大きな槌で「くさび」を叩きます。
すると、

「ミシミシミシ!」「ドーン!」

最初にくさび形に切り抜いた方向に、
木が倒れます。

RIMG0671r.jpg

うまく切れると、切り口はこういうかんじになります。

RIMG0672r.jpg

駐車場周辺の木をバッサバッサと倒しました。
あっという間に駐車場が倒木だらけ!

RIMG0673r.jpg

さて、ここからが重労働。
伐り倒した木を薪に加工します。
木の命が無駄にならないように、なるべく捨てる部分が少なくなるように丁寧な作業を心がけます。

薪は約30~40センチなので、丸太1本から3~4本作れるように、120センチに切りそろえて並べます。
1日でこれだけの薪ができました。

1~2年ほど乾燥させます。
薪ストーブでいいかんじにパチパチ燃えるようになるには乾燥が欠かせません。

これで冬の1~2週間分くらいかな?

ガイドの山小屋Web

  1. 2013/06/05(水) 18:16:21|
  2. 北海道の暮らし

ラン女子。ラン旅。



次の日曜日に行われるマラソン大会「美瑛ヘルシーマラソン」のコース案内板が町内のあちこちに並んでいます。

大会にエントリーしている二女は、きょうはじめて本番コースを試走しました。
小学3年女子にしてはまずまずのタイム、5kmを29分。

まあまあですナ。

てゆうか、父ちゃんすでに負けてます。
てゆうか、父ちゃんの高校生のときのタイムに近いやん。

さて、マラソン口実に、いろんなところに行ってみたいという二女。
旭川も走りたいし、札幌も走りたいし。

え~。
オークランドでもホノルルでも、どこでも行っていいから。

そういう旅も、良いです。

そんなラン女子二女のお伴をする父ちゃんは、電動クロスバイクで伴走してます。

めちゃラク!てゆうか、
すげえな電動クロスバイク!

これはレンタルに貸し出すのがモッタイナイぞ、自分専用にしちゃおうか、などと
いけない考えがふとよぎるのです。

てゆうか、

そことそこ!

「チャリ乗ってないで父ちゃんも走れば?」とか、
「電動のってんじゃねーよ」とか、
言うなー!

あー聞こえない聞こえない。


ガイドの山小屋Web

  1. 2013/06/03(月) 21:15:04|
  2. 美瑛・富良野

プロフィール

ガイドの山小屋

Author:ガイドの山小屋
●レンタサイクル
電動アシスト自転車
美瑛の丘めぐり
●冬山山岳ガイド
十勝連峰バックカントリー
テレマークスキー
山スキー・山ボード
●旅・暮らし・自転車の旅・オートバイ
http://www.yamagoya.jp

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道 (1)
美瑛・富良野 (7)
サイクリング (15)
電動アシスト自転車 (11)
北海道の山々・十勝連峰 (5)
テレマークスキー・ボード (1)
バックカントリーと粉雪 (48)
山の装備 (0)
便利な道具 (5)
北海道の暮らし (29)
北海道の旅人たち (0)
北海道の自然 (10)
自転車の旅 海外 (4)
自転車の旅 国内 (32)
おいしい!うれしい! (13)
気になるお店 (1)
趣味 (3)
生活 (2)
友・仲間 (2)
家族 (1)
お知らせ (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。