ガイド日誌  北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、旅、北国の生活、冬は山岳ガイドの現場のお話をお伝えします。 公式Webは、www.yamagoya.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おいしい北海道米!



秋晴れのきょうは隣町の東川へ、お米を買いにいってきました。

美瑛市街から朗根内を経由して志比内へ、旭岳ー東川を結ぶ道路をまっすぐ下る、というのがたぶんいちばん早い行き方だと思います。風景も朗らかな明るいルートです。
美瑛ー朗根内ー志比内、このルートの歴史は古く、かつては旭岳や天人峡へは美瑛駅から馬に乗り換えてこの道でパッカパッカ向かったといいます。美瑛からは辺別川に沿って東上し(いまも開拓時代の旧道の一部が残っています)、現在の明徳小学校裏の峠を越えて志比内。あとは旭岳天人峡へは忠別川に沿って一本道。

蒸気機関車の時代、なんと旭岳や天人峡の最寄り駅は、美瑛駅だったそうですよ。

今は田園のなかの静かなルートです。
風景はニュージーランド西海岸の少し内陸、みたいなかんじ。
旭岳がのっそり姿を見せています。

いやはやどうして北海道の風景ってこんなにニュージーランドに似ているんでしょうね。
大好きですよ。

さて。

おいしい水の東川町は米がうまい!

RIMG0087s.jpg

今年は「おぼろづき」を買いました。
玄米30kの袋には生産者の名前や、なんと写真まで添えられています。
信頼の証、さすがは東川です。

玄米での保存は食味が長持ちしますので、
食べるぶんだけ精米して食べています。

あ~早く食べたい!

東川のお米は、「ひがしかわ道の駅 道草館」で買うことができます。
僕は玄米30k単位で購入したかったので、道の駅で生産者法人を紹介してもらったのですが、
道の駅ではちゃんと精米した食べごろの新米、2k、5k、10kを売ってます。

オススメですよ!


ガイドの山小屋Web

スポンサーサイト
  1. 2013/09/28(土) 18:55:15|
  2. おいしい!うれしい!

人は、車やオートバイがなくても旅ができる。

4月に千葉県銚子港を手漕ぎボートで出航した英国人女性冒険家サラ・オーテンさん(28)が、アラスカに到着したと読売新聞が報じています。

読売新聞記事

すごいです。

何がすごいって、サラさんの旅は、徹底的に人力にこだわっているところです。
テレビドキュメンタリーなどの過度で派手な演出もなくひっそりと行われているところも、いい。

日本人ならそうはいきません。大きな登山などしようものならばテレビや新聞が大々的に取り上げて大騒ぎ。それはもう冒険とはいえず、徹底的にお金をバラまいて事前の仕込みを行い、大々的な観光旅行イベントのようになってしまっているように思います。

本人は頑張っているのに、周囲がそれを許さない。
結局、自分の力じゃないでしょう?みたいなことになってしまっています。
特に芸能人や作家さんがドキュメンタリーに登場しているときなどはほとんど大名行列か映画の「ロケ」のようになっているので、ご本人は汗すらかきません。不完全燃焼なんじゃないかなと思うのです。

逆に、自分は凄いことをやっているからテレビなどで取り上げてもらえないだろうか、という、ある種の売り込みをするひとも多いと聞きます。日本一周やってます。俺すごいでしょう?みたいな。

笑ってはいけません。個人によって「冒険」の尺度は違いますから。

冒険家サラさんは、気取ったところのない素朴でやんちゃな女性のようです。
こちらを参照してください。

人力世界横断トラベラー、今冬は日本に滞在 Outdoor Japan

素敵ですよね。
僕は、不覚にも胸を打たれてしまいました。

さて、今年も僕は、レンタサイクル屋のオッサンから冬山山岳ガイドに変身する予定です。

とはいっても電話ボックスに入って出てきたときには変身しているクラークケントのようなワケにはいきませんから地味なトレーニングの日々に入るわけですが、旅好きのボクは「自転車旅」で自主トレを行います。

なんと表現したらいいのでしょう。
自転車旅では通算で3000kmほどを走るのですが、日々淡々とペダルを漕いでいると、
手足がほぐれて力がつき体重がどんどん落ちていくのはもちろんですが、
少しずつ五感が研ぎ澄まされていくのがわかります。

冬山ガイドでは自然の脅威に容赦なくさらされます。
厳冬期の北海道の冬山は例えようもなく厳しい。それでも、そこに野生動物は生きています。
人間が活動するには、動物に倣わなければいけないと思います。
動物的感覚といいますか、それに近いもの、冴えわたった五感が冬は必要です。
吹雪で何も見えなくてもきっちり目的地に到着する能力は、机上では決して得られないと思います。

毎日ちゃりちゃりとペダルを漕ぎながら、旅の風に吹かれる。
チャリ旅は、それだけでもう五感がメッキメキ冴えわたってくるのです。

車やオートバイがなくては旅行はできない。そう思っている方!
ちゃんと手足があるじゃないか!

五感のすべてを使って旅をするんです。
人類数万年の歴史のなかでご先祖がずっとそうしてきたように。


サラさんのニュースは、だらだらグズグズしているボクの旅心にそっと火をつけてくれたようでした。
みなさんの心には、どのように響きましたか?

7431e04c59e926d66632640fb2694d27.jpg
NZ南島Lake Heron Photo/北村聖




ガイドの山小屋Web


  1. 2013/09/25(水) 21:16:02|
  2. サイクリング

美瑛センチュリーライドが終わり、秋は深まるのです。



そろそろ閑散期なのです。
そんなことを考えながら冬仕度の外作業をボチボチ始めておりましたら、

「選挙カー」がきた!

STOP! えさやりっ!

RIMG0073r.jpg

選挙カーちゃいまんねん。

知床サイクリングサポート

我が古い友、ニッシーの店なのです。
世界自然遺産「知床」の玄関口 ウトロにあります。

ニッポンの最高頭脳のひとりであるニッシーがなぜ知床で自転車屋さん!?
その理由はさておき、
さすがはニッシー、面白い仕事をしております。

そんなニッシーは今週末、美瑛センチュリーライドのお手伝いに美瑛に来ており、
帰り道に立ち寄ってくれたのでした。

ニッシー、ガイドの山小屋の電動クロスバイクに興味津々。
ウォ~とか吠えながら、無邪気に乗り回しております。
やっぱりこの価値は、わかるひとにはわかるのだな。

それにしても、お互いオッサンになったというのに、かわらないヤツだ。
冬が近づくと、懐かしい友に会いたくなるなー。


ガイドの山小屋Web

  1. 2013/09/23(月) 17:11:31|
  2. 友・仲間

美馬牛の子供たち、走る!



きょうは美馬牛(びばうし)小学校のマラソン大会でした。
紅葉の始まったナナカマドを背景に、子供たち走る走る!


IMG_3098r.jpg

みんなよく頑張ったね。


ガイドの山小屋Web


  1. 2013/09/19(木) 12:15:18|
  2. 北海道の暮らし

休業日のお知らせ

ガイドの山小屋の、次の店休日は、

9月24日(火曜日)

でございます。


この日は終日休業いたします。


ガイドの山小屋Web


  1. 2013/09/19(木) 10:27:54|
  2. お知らせ

十勝連峰にも秋の気配です。



きょう十勝連峰ダウンヒルのリフトサービスで十勝岳5合目に来てみたところ、
道路脇にリンドウが咲いてました。

秋ですね~。

RIMG0056r.jpg

よく見てみると、そろそろ色づきはじめたようです。

今週末は雨のようですが、雨があがると一層季節が進むのでしょうね。


ガイドの山小屋Web


  1. 2013/09/13(金) 18:40:21|
  2. 北海道の山々・十勝連峰

シャア専用。



電動クロスバイクです。カッコイイでしょ?

でも、あれあれ?なんかおかしくない?

この電動クロスバイク、交差点でバックしてきた車に轢かれたのです。
お客さんは逃げて無事でした。

後輪が踏まれて変形し、変速機はじめ車体全体も右寄りに変形してしまいました。
てゆうか、交差点でバックするか普通?

てゆうか、ちゃんと後ろ見ようよ!

RIMG0037r.jpg

踏まれたときに車軸が道路に刺さり、べっとりお土産にアスファルトが付着してました。

これだけやっておいて保険会社さん、なんとか支払いを免れようと、あれこれあれこれ・・・。

大人って狡猾だな。

せめてちゃんと元どおり直してよといくらお願いしても、それは出来ないんだって!
マジかよ。

それに、台無しになってしまったお客さんの休日の1日はどうしてくれる?
北海道の思い出はどうなる!?

なんか事故って、嫌なことばかりでいいことひとつもありません。
こっちは一方的に被害者なのに。

元どおりになって戻ってくるのか、こないのか。
対応に時間がかかりそうなので、予定外ですが新車を追加で1台買いました。
1台減ると。車両が足りないんです。
真っ赤な電動クロスバイク。当店は「白」って決めてるんだけど、すぐに買える電動クロスバイクはそれしかなかったので。

まあいいや。
シャア専用電動クロスバイクということにしよう!

RIMG0059r.jpg

シャア専用!?


ガイドの山小屋

  1. 2013/09/12(木) 18:17:33|
  2. 電動アシスト自転車

電動クロスバイクのブレーキの正体は?

RIMG0041r (2)

めちゃめちゃパワーがあることから大人気、当店人気ナンバー1の『電動クロスバイク』
他の電動自転車とは性能がケタ違いなのです。


RIMG0036r (2)

これが電動クロスバイクのブレーキ。
Vブレーキシステムといいまして、主にミディアムクラス以上のマウンテンバイクに装備されます。
過酷な状況下でも制動力はハンパないのです。


RIMG0037r (2)

いくら高性能とはいえ、徐々に能力は低下してしまうのです。
ですから、このように時々、分解清掃して、きっちり調整を行います。
これを怠ると、どんな高性能なモノも早々にポンコツになってしまいます。

ていうか、整備不良は危ないヨ!


RIMG0038r (2)

ブレーキが取り付けてあったのは、この「棒」です。
こんな部分にも手を抜かず、綺麗にします。
きれいにしたら新しいグリース(ペースト状の脂)をしっかり塗ります。(写真ではすでにベットリ塗っております)


RIMG0034r (2)

ブレーキパットです。
左は1年間使用して、かなり擦り減っているのがおわかりいただけるかと思います。右は新品に交換後。
真ん中あたりの溝がほぼ消えてます。これだけ擦り減っても制動力はあまり落ちておらず見過ごしがちなので、ちゃんと目視でチェックすることが肝要です。

ブレーキワイヤーの掃除も重要。
ブレーキ操作を確実に伝える重要な役割がありますが、錆びやすいので注意が必要です。
きょう分解清掃(OH・オーバーホール)した2台のうち1台はワイヤーの一部が少し錆びて動きが鈍くなっていました。いったん引き抜いて潤滑スプレーで清掃、綺麗にしてからグリースを塗り、元に収めます。こういう細かいところも手を抜いてはいけないのです。

基本的に、ボクのチャリ旅用自転車と同じ手間をかけているので、このまま出かけて行ってもオーストラリア大陸横断くらい出来るはずですヨ。

このようにして細部にわたって整備された車両が、
みなさまの楽しい美瑛サイクリングのお伴に活躍しています!

チャリダー「愛」なのです。


ガイドの山小屋Web


  1. 2013/09/10(火) 16:50:57|
  2. 電動アシスト自転車

美馬牛のお祭り



今週の日曜日は美馬牛(びばうし)の村社祭りでした。

当日はあいにくの小雨模様で、山に行く仕事がキャンセルになったので、
急きょ、お神輿行列の手伝いをしたのですが、

そしたらきょう、奉賛会から、こんなお礼、
貰っちゃった!

「燃料代です~。お納めください~。」だって!

これ、めっちゃ、燃料やん。
神様から下賜されたありがたい燃料だもの。
縁起物だもんな。

おら、飛ばすで!

美馬牛のお祭りは集落みんなの手作りです。
素朴でいいものです。

子供たちが大人になって、遠く離れた地から故郷を想うとき、
きっと、このお祭りやお神輿のことを、思い出すんだろうな~。


え!お酒の写真ですみません!



ガイドの山小屋Web

  1. 2013/09/03(火) 12:45:27|
  2. 北海道の暮らし

きょうのカブトムシ

RIMG0008a.jpg

北海道のカブトムシ。
本州のものよりも角が小さいのが特徴です。

ミヤマクワガタやノコギリクワガタは昔から生息していたのですが、
カブトムシは北海道では外来種です。

温暖化?によって北海道でも見られるようになったカブトムシ。
街灯の下などで簡単に見られます。

写真は今朝、我が家裏庭のニレの木にて。


お盆を過ぎた頃から、めっきり秋を感じるようになりました。
お客さんもグッと減りました。(泣)

季節が移りゆくのは早いですね。


ガイドの山小屋Web


  1. 2013/09/02(月) 11:03:14|
  2. 北海道の自然

プロフィール

ガイドの山小屋

Author:ガイドの山小屋
●レンタサイクル
電動アシスト自転車
美瑛の丘めぐり
●冬山山岳ガイド
十勝連峰バックカントリー
テレマークスキー
山スキー・山ボード
●旅・暮らし・自転車の旅・オートバイ
http://www.yamagoya.jp

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道 (1)
美瑛・富良野 (7)
サイクリング (15)
電動アシスト自転車 (11)
北海道の山々・十勝連峰 (5)
テレマークスキー・ボード (1)
バックカントリーと粉雪 (48)
山の装備 (0)
便利な道具 (5)
北海道の暮らし (29)
北海道の旅人たち (0)
北海道の自然 (10)
自転車の旅 海外 (4)
自転車の旅 国内 (32)
おいしい!うれしい! (13)
気になるお店 (1)
趣味 (3)
生活 (2)
友・仲間 (2)
家族 (1)
お知らせ (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。