ガイド日誌  北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、旅、北国の生活、冬は山岳ガイドの現場のお話をお伝えします。 公式Webは、www.yamagoya.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桜の季節にパウダー満開!

22032014.png
この笑顔!

ここのところ1週間周期でやってくる低気圧は決まって発達しながら北海道東部を走り抜けていきます。
その低気圧が去るとき、ほんの一瞬ですが山は冬型のお天気になり、今週末は10~20センチの新雪が積もりました。



H尾根。ここまで来るには根性が必要なので、まず誰も来ません。ここはいつも基本ノートラック。
もう最高ですね!(動画)
3/22三段山バックカントリーテレマーク・山スキー・山ボード


ガイドの山小屋Web


スポンサーサイト
  1. 2014/03/22(土) 23:50:27|
  2. バックカントリーと粉雪

古いスタッドレスタイヤの行方

DSC07025.jpg

地下室を整理していたら奥のほうから古いスタッドレスタイヤが4本出てきた。
ずいぶん前、確か、別のタイヤをもらったから、ということで取り外して温存に回したものだ。
そのうち使おうと思いつつ忘れて何年もたってしまった。
日差しが一切当たらない真っ暗で通気性の良くない地下で10年近くも眠っていたのだ。

見ると、驚くほど程度がいい。まだまだ使えるどころか、勿体ないレベルである。
プラットホーム(スタッドレスタイヤの安全使用の目安)は全然オッケー。8割から9割とみた。

(写真中央の溝のなかの四角い突起がプラットホーム)

目視だけでは不安なので実際に計ってみた。
数字は裏切らない。

9mm。(新品は10mm)
2004年製。古いけど残り90%、使用頻度の少ない新古品であった。

他のスタッドレスも計ってみたら

2007年製、7mm(冬4シーズン使用+夏1シーズン使用中)
2013年製、10mm(新品)

という結果になった。
ちなみに、残り5mm(50%)で交換推奨の目安であるプラットホームが出るが、
だいたい走行2万キロくらいで達するのだといわれている。
ちなみに残り2ミリ(20%)を切ると車検が通らなくなる。


ところで、
メーカーや業界団体はそろって
「スタッドレスを夏に使うのは危険!」と言っている。
それは本当なのだろうか?根拠はあるのか?

調べてみたら、危険といえる状況は次のような場合だということがわかった。

1、激しい雨
2、高速で走行、爆走、無謀な暴走
3、急カーブまたは急ブレーキ

この3つの条件が重ならなければヤバいとはいえないらしい。

つまり極限の状態では夏タイヤと比べて差がでますよ、ということだった。
何がなんでも常時ツルッツルというわけではないそうだ。

な~んだ。
販売促進キャンペーンだったのか。

つまりWindows XPみたいなものか。一般ピープルたちよ、まだ使えるからといっていつまでも使ってんじゃないよ。買い替えないとコワイよ。おらおらおら~みたいな。

メーカーさんはタイヤをたくさん売るために頑張ってキャンペーンしているわけで(そりゃあそうだろう)、ホーマックに資材を買いにいったり美瑛の丘で迷子になっているサイクリングのお客さんを迎えに行く程度で即座に危険に見舞われるわけではないのである。

でも雨の交差点なんかで急ブレーキかけたら簡単には止まらないよ~ということを言う!
怖っ!やっぱ不安になるよな~

でも実際、みんなどうしているんだろう?

何シーズンか使用して溝はたくさんあるけれどそろそろ冬に使うのは不安があるな~、みたいな存在のスタッドレスはどうなってしまうのだろう?
北海道の家庭にはそういうスタッドレスタイヤが大量に眠っているんじゃないだろうか。

でも、だからといって、どうする?
夏に使用する?

2004年の溝90%近いブリザック。
太陽が一切当たらず空気も新鮮とはいえない真っ暗な地下室で10年近く眠っていた。つまり、人間にとっては最悪でもゴムにとっては大変良好な保管状態だったことになる。
久しぶりに姿を現したスタッドレスタイヤを眺めつつ、思案に暮れる夕暮れなのである。

みなさんは古いスタッドレス、どうしてますか?


ガイドの山小屋Web




  1. 2014/03/21(金) 19:09:53|
  2. 北海道の暮らし

どうせ買うなら

140317_144156.jpg
イチゴを買うならJA亘理(宮城県)のイチゴ!

スーパーに並んでいるイチゴの産地は、
佐賀、福岡、愛知、そして宮城県。

どうせ買うのならば、ほんのちょっとでも誰かの役に立つほうがいいに決まってる。
喜ぶ顔が違うんだ!

地元でできる、お金もかからない(どうせ買うから)
瓦礫運んだり、泥かきしなくていい。(笑)

綺麗事じゃない。
売名にもならないし、もちろんヒーローにもなれないし。
スーパーの買い物カゴにイチゴのパックひとつ、ポンと入れるだけだもの。

でも、

どうせ買うなら、喜んでくれる人から買ったほうがいいと、
ボクはそう思います。

みなさん!
お願いがあります。
スーパーで、
「きょうはイチゴを買おうかな」というときは、
仙台いちご(JA亘理など・宮城県)を選んでほしいんです。
農家の手元に入るお金はわずかなんだけど、それでいいんです。

亘理町は他の地域にはよくある「農業支援」や「漁業支援」という名の都合よくタダで働いてくれるボランティア作業員を潔しとしないのか、受け入れていません。

テレビなんかでお涙頂戴アピールも、しない。

だからボクは、
むしろ

よっしゃあ、どんどん買うぜよ!

って思ってます。

みんなぁも、頼むぜよ! (坂本龍馬ふうに)




ガイドの山小屋Web


  1. 2014/03/18(火) 21:13:07|
  2. 生活

3月の雪 きょうの三段山

16Mar2014jj.jpg
十勝連峰 森林限界線直下の森。

金曜日に低気圧が発達しながら北海道東方を北上していきました。
山は強風に叩かれてガタガタのカリカリになりましたが、その夜からは雪になり、土曜日にかけて新雪が20センチほど積もりました。

さらに土曜日の午後にうっすらと新雪が降り注ぎました。おかげで土曜日と日曜日はサラサラのパウダースノーに恵まれました。



3月としては奇跡といっていい上質のパウダー


標高の低い白銀荘(1000m)あたりになると雪は湿気を帯びて少し重たくなります。
山にもひたひたと春が近づきつつあるんだなぁ、と感じた3月16日日曜日の三段山でした。



ガイドの山小屋Web




  1. 2014/03/17(月) 08:22:49|
  2. バックカントリーと粉雪

三段山雪崩情報

夏道2段目に雪庇崩壊によると思われる小規模なブロック雪崩痕があります。
過去の死亡事故事例とほぼ同じ場所で、規模は幾分小さいものの似たような状況です。

新たな積雪が20センチほどあり痕跡は消えつつあります。

デフリには小型冷蔵庫大の塊がゴロゴロしています。
付近には吹きおろし風によって形成された雪庇が発達しており
おそらく先日金曜日の低気圧通過時に生じたものと思われます。

付近はさほど危険は感じませんが、斜面に接近しすぎたり、2段目夏道をまともに下ってくると雪庇直上に立つ可能性があり追加崩落の危険があります。ブロックの直撃を受けたら無事では済まされません。

どうぞご注意ください。


現場確認日時
3月15日午前11時頃


ガイドの山小屋Web



  1. 2014/03/15(土) 21:04:17|
  2. バックカントリーと粉雪

発掘!

RIMG0320z.jpg
作業場は雪のなか

そして、


RIMG0321zz.jpg
発掘!
洞窟じゃないよ。

ここには2輪車を整備するために必要な工具等がすべて揃っていてママチャリからハーレーダビットソンまで、2輪車なら何でも整備できます。
レンタサイクル屋さんの裏方の核心部ってとこです。営業上、最も重要な場所と言えるかもしれません。
レストランの厨房みたいなものなんです。

11月に営業を終えてからは雪に埋もれていました。ボクの3台のオートバイもここで冬眠中zzz。

3月だ!
おはよー!

道路はまだ雪道なので自転車やオートバイで走ることはできないけれど、
まずは作業場に、春3月の日差しと風を通しました。


急速に発達しながら北海道東部を北上中の低気圧の影響で、きょうの美瑛は強風。
時折突風が走り抜ける少々荒れた天気ですが、空は晴れていて風は冷たくありません。
春いちばんみたいなものでしょうか?

まだまだ雪深い美瑛町美馬牛ですが、季節は確かに春に近づいているようです。


ガイドの山小屋Web


  1. 2014/03/14(金) 14:56:21|
  2. 北海道の暮らし

気になるヤツ

2014-03-13-09-00-00-large.jpg
暴れん坊だ!

また低気圧か~。参ったな。

きょう夕方、十勝連峰には笠雲がかかっています。
巨大な波が山を乗り越えて流れてくるように見える雲で、
低気圧が発達しながら太平洋側に近づいてくるとき、
こういう前兆が見られます。

コレが現れると、大抵、山は大荒れに荒れます。

明日の山のツアー、どうなっちゃうんだろ?

土日はこの低気圧が北海道から離れていきそうなので何とかなりそうですが、
問題は明日だ。

とりあえず、動向を注視っすね。
(も、もしかしてパウダー激積もり???)


ガイドの山小屋Web



  1. 2014/03/13(木) 17:49:04|
  2. バックカントリーと粉雪

初夏の美瑛!

今月に入って、5月、6月、7月の予約が頻繁に入ってくるようになりました。
半分は国内、半分は海外、
特に7月20日前後は早くも混み始めています。

ガイドの山小屋の電動自転車レンタサイクルは
直接のご予約はもちろんですが
全国のJTBでもご予約いただけます。
JAL,ANA系列の旅行会社でも取扱いが始まる予定ですので、あわせてご利用くださいませ。

しかーし!

美瑛はまだ冬の終わり。
ようやく道路のアスファルトが顔を出したり出さなかったりというかんじです。
雪の壁は1mあります。

気分はまだまだ冬。幾分緩んできたかな。
でも電話やメールは、初夏のお問い合わせや、予約。

なんとも妙な気分なのです。


ガイドの山小屋Web


  1. 2014/03/12(水) 20:06:28|
  2. サイクリング

災害、遭難、旅、携帯電話

RIMG0321z.jpg

3.11
あの日、ドコモの携帯電話だけがなんとか辛うじて使用可能でした。
auもしばらく使えなかった。ソフトバンクはもう全然ダメだった。

阪神大震災のときも、ドコモの携帯(当時はムーバ)だけが頼りでした。

ドコモのガラケー。
とりあえず、ほぼ世界中で使えます。
充電環境のない環境でも、数日間充電なしで使えました。

冬山でも使用可能。ただし氷点下20℃以下になるとバッテリーがダウンするので内ポケットに入れます。

水たまりにポチャンしても大丈夫だ!



震災から3年が過ぎて、気がつけば
「やっぱスマホにしようかなー」などと考えている自分がいます。

妻の持つiphone5は使い勝手もよく、旅行のときもPCとしていろんな調べ物に活躍しましたし、
カメラは実にすばらしい。デジカメいらず。
音楽プレーヤー。ウォークマン世代としてはもう何がなんだか(笑)
その便利さは、ほぼPCだと認めるところです。

「俺も欲しいな~」

ただ、きょうは違いました。
思い出すのは、東北と阪神の2つの地震。

あのとき、ドコモの携帯だけが頼りだったではないか!

特に阪神大震災のときは、携帯電話ネットワークだけが無傷で、
本当に助かりました。

瓦礫の町をもろともせずに走破するオフロードのオートバイ
ドコモの携帯電話
ラジオ

神戸の震災では、
この3つが、当時のボクの活動を支えてくれました。

基本的には東北での災害支援ときも同様でした。

やっぱりコイツは手元に残しておこうと思います。

災害や、ハードな旅からしばらく遠ざかると、
気がつけばいろいろな記憶が、薄れてしまう。

俺は大丈夫だって、大した根拠もなく思いこんでたけれど、
日々に流されて、飲み込まれかけていたではないか。

ピンチのときに助けてくれた人たちのことや
頼りになった道具のこと、
改めて、忘れずにいようと思いました。

運命の72時間、
通信機器は、大事です。

その時、あなたの携帯電話は、使えますか?


ガイドの山小屋Web



  1. 2014/03/11(火) 21:58:44|
  2. 便利な道具

爆弾低気圧が去って、激パウがやって来た!

RIMG0287z.jpg
爆弾低気圧去って、この天気!この雪!
はばっちウキウキ♪




噴火口壁「OZ GIRL」滑ってみた。
雪が深いから思いっきり転げ落ちてみたり。




膝上レベルのディープパウダーに飛び込んでみたり。
深い~!
楽し~!
(十勝連峰バッカントリーテレマーク・山ボード 中級 9/Mar/2014)


早くも3月。
今週は寒気の影響で気温は低めで降雪もあるですが、寒さはもう長続きしないとは気象庁の期間予報。
再来週には気温も上昇してくるようです。

と、いうことは?
いよいよ今週末あたりがラストパウダーDayになるのかもしれませんね。


Guys!予約を急ぐのだ!
冬は待ってくれない。


ガイドの山小屋 ツアー予約状況


  1. 2014/03/09(日) 23:52:07|
  2. バックカントリーと粉雪

ガイドツアー、中止判断に悩む俺。

2014-03-07-06.jpg
960hpaだって!
台風?

ちなみに、右端に映ってるちっちゃい「低」は、元・台風3号です。
本家も真っ青。

低気圧960は、なかなかの暴君です。
大きな被害は出さないものの、地道に荒れまくっております。
例えるならば、「逮捕されない程度のヤンキー」ってかんじでしょうか。

美瑛町美馬牛も朝から雪が真横に降っております。

公共の交通機関は平常どおり(すごいぞJR北海道!)
人々の生活も、いつもどり。
しかし、「荒れてますね」「吹雪いてますね」「かなわんなー」という挨拶が飛び交う1日です。

ボクも朝から除雪に精を出しております。
店舗駐車場、家の前の道路、吹き溜まって狭くなってしまった美馬牛駅までの道路をロータリー除雪機で排雪して広げ、
(美瑛町の除雪はこないのです。謎です。)
続いて角スコップに持ち替えて4分の3まで雪に埋もれてしまった台所の窓の除雪を行いました。
こうして台所に3月の日差しが入るようになりました。

しかし吹雪いております。相変わらず横殴りです。
時折、日は射しますが、すぐさまゴーって風が唸り、地吹雪がぶっ飛んできます。

さぞかし山は凄いことになっていることでしょう。
ガリガリ山のズタズタ山。
稜線上は爆風で立っていられないと思います。こんな日に山に行くと簡単に命を落としてしまいます。

さて、
明日はそんな山にお客さんを連れて登る(バックカントリースキー)のです。
どうしよう?

明日の予想天気図(11時現在)を見てみました。

2014-03-07-09.jpg
低気圧は960hpaから988hpaまでパワーダウンするようです。
しかし同じ場所に居座り、北海道から離れない。むしろ近い。

高い山には、猛烈なパワーがぶつかってきます。
遮るものがない。

きょうほどじゃないだろうけど、山は風でズタズタ、やわらかい雪などブッ飛んでいることでしょう。
稜線では風速30mを超える爆風が相変わらず暴れ続けていることでしょう。
明日の十勝連峰の山々は、そういうふうに予想されます。

それがわかっているならば、あらかじめ中止すべきか。

・明日の天気を見てからでも遅くはないのではないか。変わるかも!(可能性は低いけど、ないわけじゃない)
・実際山に行ってこの目で見なければ、わからないではないか。(実際に、たまに予想外の大当たりがある。たまに、だけど)
・でも、悲惨なことがわかっているのならば、前もって伝えてくれたほうが参加者はありがたいのではないか。
・でも、正直、売上は欲しいな~(中止は収入ゼロ)
・じゃ、代替えツアーやっちゃうか。おっとそれは、白タク行為になりはしないか?やばいな。やめとこう。
・今のうちに伝えておけば、各参加者のみんなもレンタカーを借りてスキー場に行くなどの計画変更もできるというものだ。
・あさってもあるんだから、明日は中止して明後日に絞ることでいいんじゃないか?
・でもみんなこの日を楽しみにしてただろうな~・・・


幾分弱まるにしても、明日も山は荒れるだろう。それだけは間違いない。
行ったとしても、森林帯からは出ることができないだろう。
パウダーなど期待するまでもない。


ガイド悩む。
悩みすぎて白髪増える。

じっと電話機を凝視する、俺なのだ。

皆さんがガイドなら、どうする?


ガイドの山小屋Web



続きを読む
  1. 2014/03/07(金) 12:09:17|
  2. バックカントリーと粉雪

変な天気。

2014-03-06.jpg

春の嵐。
968hpaとはこれまた随分と豪勢なこと。

きょうの美瑛は大荒れでもなく、かといって天気がいいわけでもない微妙な天気だった。
夜の間に少しばかり風があったようで冬の恒例の朝の除雪は根気のいる作業になった。
風で運ばれてきた雪は目が詰まっていてずっしり重い。
2年間使ってきたスノープッシャーが1台ついに粉々になってしもうた。

今夜から明日にかけては上の低気圧がいくらか悪さをするだろう。
なにしろ台風並みの勢力になるようだ。
天気図の右下にちょこっと見える低気圧は元・台風3号、
こうしてみると、まっことかわいらしい。

今回の大荒れの天気は道東地方が中心になるというが
それでも十勝連峰はじめ大雪山系など高山は散々なことになっていると思う。
週末のツアーが思いやられるが、たまに奇跡の回復(低気圧通過後に強い冬型のお天気になってフワフワの雪が積雪20センチとか!)が起こることもあるので
わずかな可能性だけど、そこらへんを期待したい。

というわけできょうは午前中は鬼ラッセルならぬ鬼除雪、
午後はお風呂のカランを修理交換したり洗濯をしたり子供の遊びに付き合ったりと
だらだら過ごした。

ただ一点。
俺は半分が土佐(高知県)、半分が讃岐(香川県)という生粋の四国人なんじゃけんど、
(道産子ではないのだ。かといって都会からのオシャレな移住者でもないのだ。)
ふだんは奥さんと同じ讃岐弁や、長く暮らし実家がある影響から関西弁を話す。

なのに、きょうはたまたま、ふいに土佐弁を口走った。

高知のことを考えていると、そういうことがある。
高知には少しばかり仕事があり、この春はその仕事をやっつけなければならない。

年に1回、この時期だけは土佐の地で土佐弁をしゃべりまくる俺が登場する。
そろそろ土佐弁のスイッチが入るがじゃ。

なんちゃでないけんど、
たまあに、こういうことがあるぜよ。

それを聞いた奥さん(讃岐うどん人100%)が、
「なん言よんな」と、
土佐弁を冷やかしおった。

「なーにが、可笑しいがじゃあ!?」

(岩崎)弥太郎ふうに、オレは言い放ったのだ。(笑)

外は雪。こじゃんと降りゆう。
週末は、どうなるろうね。


ガイドの山小屋Web




  1. 2014/03/06(木) 19:01:16|
  2. 北海道の暮らし

3/2きょうの三段山 十勝連峰バックカントリースノートレッキング(初級)

RIMG0263zz.jpg

「キラーン☆」
いい天気だぜ。

氷点下7℃前後。日差しがあたたかい。

いい雪、いい仲間。




テレマークは雪のうえをふわふわ歩くようなイメージです。
とりあえず、やってみよ!




ガイドの山小屋Web



  1. 2014/03/02(日) 23:37:25|
  2. バックカントリーと粉雪

小学三年生、バックカントリー三段山を滑ってみた。



ウチの3姉妹のひとりを三段山に連れてきました。

なんでも、私をスキーに連れてって、と言うので。

ああいいよ。

あっ!騙してないですよ!
スキーだし。

RIMG0242zz.jpg
アバランチビーコンも装着。
このへん父ちゃんはとっても厳しい。

RIMG0243zz.jpg
小学生とはいえ陸上長距離走をしているので登りはむしろ余裕でした。
2段目の「3本のダケカンバ」もサクサク通過します。

問題は、滑りなんだなー。
まあ道産子だからなんとかなるでしょう・・・。


初ばっくかんとりーデビュー!ヒューヒュー!
案の定、ビビりまくり。

RIMG0250zz.jpg
呆然としております。


最初はこんなもんでいいんです。

きょうは山小屋家のプライベートな日記でした。


ガイドの山小屋Web



  1. 2014/03/01(土) 21:00:13|
  2. バックカントリーと粉雪

プロフィール

ガイドの山小屋

Author:ガイドの山小屋
●レンタサイクル
電動アシスト自転車
美瑛の丘めぐり
●冬山山岳ガイド
十勝連峰バックカントリー
テレマークスキー
山スキー・山ボード
●旅・暮らし・自転車の旅・オートバイ
http://www.yamagoya.jp

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道 (1)
美瑛・富良野 (7)
サイクリング (15)
電動アシスト自転車 (11)
北海道の山々・十勝連峰 (5)
テレマークスキー・ボード (1)
バックカントリーと粉雪 (48)
山の装備 (0)
便利な道具 (5)
北海道の暮らし (29)
北海道の旅人たち (0)
北海道の自然 (10)
自転車の旅 海外 (4)
自転車の旅 国内 (32)
おいしい!うれしい! (13)
気になるお店 (1)
趣味 (3)
生活 (2)
友・仲間 (2)
家族 (1)
お知らせ (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。