ガイド日誌  北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、旅、北国の生活、冬は山岳ガイドの現場のお話をお伝えします。 公式Webは、www.yamagoya.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どこかの町で実際に遭遇した、ある日の出来事。

峠をひとつ越えて小さな町におりてきた。その日も寒かったので峠の下り坂で体が冷えた。トイレに行きたかった。
国道の進行方向、これから進むずっと先に視線を向けた。コンビニないかな?

探すまでもなく、程なくして大きなスーパーマーケットが現れた。いわゆる郊外型大型店だ。ボクの自転車はふらふらと吸い込まれるようにスーパーマーケットの駐車場に入っていく。

用を済ませて戻ってみると、スーパーマーケットの出入口付近にはいつの間にか揃いの赤いパーカーを着た7人のおばちゃんたちが集まっていた。

その7人のおばちゃん達の正体だが、さっぱりわからない。ただ、揃いのパーカーに書いてあるグループ名から察するに公的な機関や有名な団体ではないようだ。


まもなく彼女たちは募金活動を始めた。

「歳末助け合いですう~」
「よろしくお願いしますう~」

おばちゃんたちはさっきのお喋りのときよりは少し甲高いよそ行きの声を張り上げて呼び掛けをしている。
すっきりしたボクは、そういえば荷物の固定具合が気になることを思い出したので、彼女たちに背を向ける格好でそばの壁に立て掛けた自転車の荷物固定の調整を始めた。

調整作業はすぐに終わったが、募金のほうは芳しくないようだ。もっとも、まだ15分もたっていないが、たぶん一円も獲得していない。

ひとりのおばちゃんがふと言った。
「そうだ、フィリピンの台風のことも言ったら?」
「ああそうねそうね」と他の6人も同調したので、たちまち呼び掛けの声は台風に変わった。

え?そんなに簡単なものなのか?
ボクはおばちゃんたちに背を向けたまま小さく驚いたのだ。

「フィリピンの台風のアレしてますぅ~」
「フィリピンの台風ですう~、アレしてますう~」

アレって何だよ。

ひとりでツッコミを入れる俺。
何だかなあ。ま、アレだけに嘘は言ってないわよと言うことかもしれない。

動機はさておき効果ははっきり現れた。たちまち何人かが足を止めるようになったのだ。
やはり目的がはっきりすると違うのだ。

ここまでわずか二分くらい。劇的な変化だ。

ボクは内心モヤモヤしていたが、感心もしていた。やるなおばちゃん。

モヤモヤ感心しつつも自転車の出発準備は整った。
ボクは静かに自転車を押して、彼女たちの前に進み出た。

数歩進んだ。ここまですごく長い時間に感じる。
何だよ、スローモーションみたいじゃないか。

七人目を過ぎたところで自転車に跨がった。ゆっくり車輪が転がりだす。静かにスーパーマーケットから離れていく。

そしてついにおばちゃんたちは、ボクには声を掛けなかったのだった。


スポンサーサイト
  1. 2013/12/18(水) 15:53:14|
  2. 自転車の旅 国内

プロフィール

ガイドの山小屋

Author:ガイドの山小屋
●レンタサイクル
電動アシスト自転車
美瑛の丘めぐり
●冬山山岳ガイド
十勝連峰バックカントリー
テレマークスキー
山スキー・山ボード
●旅・暮らし・自転車の旅・オートバイ
http://www.yamagoya.jp

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
北海道 (1)
美瑛・富良野 (7)
サイクリング (15)
電動アシスト自転車 (11)
北海道の山々・十勝連峰 (5)
テレマークスキー・ボード (1)
バックカントリーと粉雪 (48)
山の装備 (0)
便利な道具 (5)
北海道の暮らし (29)
北海道の旅人たち (0)
北海道の自然 (10)
自転車の旅 海外 (4)
自転車の旅 国内 (32)
おいしい!うれしい! (13)
気になるお店 (1)
趣味 (3)
生活 (2)
友・仲間 (2)
家族 (1)
お知らせ (8)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。